メニューリスト

HOME > 使い方 > はじめてみる > 5.Patternを作成
HOME 使い方 小技 困ったときは おすすめ集 MP3 関連リンク集 サイトマップ

5.Patternを作成

"Pattern"を作成します。"Pattern"というのは音源やエフェクトの、メロディーや、パラメータの変化を記録したものです。つまり譜面なようなものです。
まず、"Pattern Editor"画面に切り替えます。
F2キーを押すか、画面の上部にある下図のようなツールバー(Standardというバーです)の中の赤い四角の絵の描いたボタンの左のボタンを押してください。



下図のような画面("Pattern Editor"の画面)に切り替わったと思います。
クリックすると新しいウインドウで実寸表示されます。
まず、表示されている"Pattern"が今回選択した音源(Guru)の"Pattern"になっていることを確認してください。左上の"Machine"と書いてあるところの右にあるボックスに"Guru"と表示されていればOKです。
もし違っていた場合は、下図のように、このボックス右にある▼の絵の描いたボタンをクリックして、表示されたプルダウンメニューから"Guru"を選択してください。(Ctrlキー+↑またはCtrlキー+↓でボックスのメニューをスクロールさせて"Machine"を変更、選択することもできます)





"Pattern Editor"の画面を見ると、下図のように点の列が並んだ画面があると思います。
これが、例えばディレイタイムの数値(16進数)をキーボードで入力したり、メロディーを入力するところになります。
(9.オートメーション機能のページで詳しく説明しますが、数値はキーボードで自分で直接入力しなくても、パラメータのウィンドウで、自分で動かしたパラメータの動きをリアルタイムで記憶させ、自動的に入力させることもできます。もちろん自分で直接入力することもできます。)
どの点が何を表しているかはPattern Editorの説明のページでも説明しますが、この画面の下にあるステータスバーに今選択している点が何を表しているかが表示されています。(ステータスバーが表示されていない場合は、画面一番上のメニューバーの"View"の"Sutatus Bar"にチェックを入れてください)この点の列の中の、点が3つの列("Note"(音符)という列です)の一番上をクリックして選択し、キーボードの"Z"を押してください。下図のようになると思います。
一瞬音が出ると思うので音量に注意してください。





今一瞬出た音は"ド"です。"C-4"と入力されたと思いますが、
この"C"というのが"ド"のことで、"4"がオクターブの高さを表しています。
オクターブの高さの変え方は"応用編"の、3.オクターブを変える
で説明します。
今入力したこの列が"Note"という列で、メロディーなどを入力するところになります。
Noteはだいたい点の列の一番左か、一番右にあります。

続けてメロディーを入力するために、まず各音階とキーボードの位置関係、音名表記を確認します。
下図のキーボードを見てください。
"ド"の位置は下図のキーボードで言うと、赤く塗りつぶされた"z"、"q"、"i"にあたります。黒く塗りつぶされているところは黒鍵にあたります。左上の段は下の段の1オクターブ上の段になります。さらにその右の段はもう1オクターブ上の段になりますこの段は"ミ"までしかありません。
"1"は音をミュートにします。
また、Jeskola Buzzでは実際には音名は日本語で表記されず、ローマ字で表記されます。必要な場合はさらに下の表を参考にしてください。

ドコモケータイ払いで簡単決済『OnGen』
約100万曲を配信。非会員でも楽曲購入可能。さらに無料で全曲視聴可能です。決済手段も豊富。ドコモの携帯で決済可能。検索機能も充実。

日本語音名表記 ド# レ# ファ ファ# ソ# ラ#
ローマ字(Jeskola Buzzでの)音名表記 C C# D D# E F F# G G# A A# B
キーボードの位置 Z,Q,I S,2,9 X,W,O D,3,0 C,E,P V,R G,5 B,T H,6 N,Y J,7 M,U
では、上図、表を参考にして続けてメロディーを入力してみましょう。
Note(メロディー)は上から下へ入力します。
下図のように適当に入力してみました。
"Note"を消去する場合は、入力した"Note"のところを選択して、"."(ピリオドキー)を押してください。"Note"以外の他の数値などもすべてこの"."で消去できます。また、"各種画面説明"の、10.コピー、カット、ペーストのページでも説明しますが"Note"や数値などはすべてコピー、カット、ペーストが可能です。(ただし、範囲をあまり自由には選択できません…)



これでPatternの作成は完了です。
ひとつ覚えておいてほしいことは今作成したこのPatternの名前は初期設定で"00"となっています。(初期設定では更にPatternを追加すると、"00"の次は"01"、"01"の次は"02"、"02"の次は"03"のように(10進数で)名前が付けられます。

<<前のページ 次のページ>>
inserted by FC2 system